ドロップシッピング2016

 

ドロップシッピングは、2016年現在どのような状況なのでしょうか。

私が始める以前には、問題もあってドロップシッピング自体の存続をゆるがす時代もあったそうです。

そんなドロップシッピングですが、ドロップシッピングの代表的な会社「株式会社もしも」が、10周年を迎えセレモニーが行われました。

売れるのか?

これから副業を始めようとしているサラリーマンの皆さんが一番気になるのが、売れるのかということではないでしょうか。

今回の、セレモニーでも表彰をされていますが、売れている人はもちろんいます。

具体的にはいくら?

具体的に売れている人の収入は明確にはされません。

当たり前ですよね。個人情報や企業秘密のからみがあって明確にはなりません。

しかり、売り上げ金額は発表されています。

今回、1800万円を1カ月間で売った方がいます。

これは、すごい金額なんです。

例えば、利益率が10%なら180万円、利益率が20%なら360万円です。

360万円であれば、年収に近い人も多いのではないでしょうか。

この金額をわずか1カ月で稼ぐことができたら、うれしいですよね。

まとめ

ドロップシッピングの今(2016年)は、売れているといえます。

何でもそうですが、やった人が全て成功することはありません。

その人の努力やタイミング等の要因で、成功する人と成功しない人が出てきます。

しかし、しっかりとやった人には成果が出ているという事実があります。

これから副業を始めようとしているサラリーマンの方も次回のセレモニーで表彰される売り上げを上げる可能性はありますよ。