せどりのメリット・デメリット

副業の1つで人気のあるせどりは、おすすめできる副業なんでしょうか。

私も、もちろん副業としてせどりを考えたことがありました。

そのときに気づいたせどりのメリット・デメリットをまとめました。

せどりとは

せどりとは、商品を買ってきた価格よりも高い価格で売ってその差額を得る副業です。

利益を出す方法は、一般に小売店が行っていることと同じですね。

例えば、本を100円で買ってきます(仕入れ)。

買った本が110円で売れると利益は10円です。

200円で売れると利益は100円になりますね。

せどりの流れ:仕入れ⇒在庫⇒販売⇒入金(決済)⇒発送

せどりのメリット

始めやすい

販売する商品はなんでもいいので、始めやすい副業ですね。

せどりのデメリット

1.お金が必要

せどりは、商品を仕入れて販売する副業です。

100円や1000円ぐらいの商品であれば、問題ないのですが、金額が少ないと利益が少ないです。

ある程度まとまった利益を目指す場合は、お金(元手)が必要になります。

まとまった元手が必要なのは、デメリットです。

2.売れ残る可能性

商品を仕入れると仕入れた商品は在庫になります。

すぐに売れるといいのですが、長い間売れないと在庫のままですよね。

在庫になって困ることは、お金が入ってこないことです。

これは、本当にデメリットです。

売れ残る商品が多ければ、商売が成り立ちません。

3.在庫スペース

売れ残る商品が多いと在庫が増えていきます。

そうすると商品を保管する在庫スペースが必要になります。

在庫スペースを作るデメリットは、スペースにもお金がかかっているということです。

例えば、月10万円の部屋の半分を在庫スペースに使う場合は、5万円もかかります。

これは恐ろしいですね。

4.必ず仕入れが必要

せどりは、仕入れた商品を販売してその差が具